読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトルフィールド1』リードデザイナーが語ったDICEのWW1熱

E3の開催に先駆け、6月12日から14日まで米ロサンゼルスで開催されたエレクトロニック・アーツの単独イベント「EA Play」。同会場にて、シリーズ最新作『Battlefield 1(バトルフィールド1)』でリードゲームデザイナーを務めるDICEのDaniel Berlin氏に単独インタビューを実施。なぜWW1(第一次世界大戦)を舞台にしたのか、そして前作からどのように進化したのかを訊いてきました。

===== ===== =====

 


――なぜWW1という題材が選ばれたのでしょうか。

Daniel Berlin氏(以下Berlin): WW1に対し非常に熱狂的な2人のスタッフがスタジオにいるのですが、素晴らしい『Battlefield』になるポテンシャルがあることに気づいたんです。没入感や物語のスケール、大規模な戦闘というゲームの大きな柱を支えるための要素としては十分でした。

――WW1をゲームとして再現することは難しかったのでは。

Berlin: 難しそうだということよりも興味深さが勝っていました。ヨーロッパでの塹壕戦以外にもさまざまな当時の状況が描かれており、世界全体を巻き込んだ戦争をステージとしてうまく落とし込んでいます。アラビアの砂漠やイタリアにあるアルプス高山、城砦、兵器実験施設、塹壕をはじめとしたさまざまなロケーションが登場します。武器も多く登場し、ショットガン、セミオート/フルオート、ライトマシンガン、スモールマシンガン、ボルトアクションライフル、スナイパーライフル、さらには戦車から馬まで。それらはWW1という時代設定であるからこそ交わることができるのです。

タルタロス RMT